人間がチェスの駒を演じるイタリア、マロースティカの伝統行事「人間チェス」の様子
イタリア、ヴェネト州ヴィチェンツァ県のマロースティカで1923年以来、2年に1度行われている伝統行事が「人間チェス」。

1454年、女性を巡ってチェスで対戦した伝説的な試合を記念して行われているものだそうで、お城の前にあるカステッロ広場のチェス盤を使い、500人以上の参加者がそれぞれの役を演じるんだとか。

同じように、毎年「人間将棋」を開催している山形県天童市と姉妹都市になっているのも面白い。

【関連】
凄すぎて意味がわからない!チェスの最年少王者、マグヌス・カールセンとマネージャーによる早指しチェス対局
グランドマスター同士が高速で指し合うスピードチェス
チェス盤を球体にしてしまうという発想が面白い、特殊ルールのチェス盤 Globe Chess Board
盤上の大逆転劇

続きを読む