交通渋滞にうんざりしたフィリピンの発明家、1人乗りの空飛ぶ車を開発、テストフライトに成功する
フィリピン、マニラの酷い交通渋滞にうんざりした発明家のキックス・メンドーサ(Kyxz Mendoza)さんが、交通渋滞を無視して移動できるように1人乗りの空飛ぶ車「ウルトラライト・エアクラフト」を開発。

フレームは金属製、外装は炭素繊維を使っており、2時間半の充電で最大15分の飛行が可能。

とりあえずテストフライトは成功したので、今後は2人乗りバージョンを開発しての量産化を計画しているんだとか。

1人乗りでいいから、フライト時間を伸ばすほうが先のような気もするけど。

【関連】
ドローンに乗って近所のパン屋さんに出かける時代が現実になってしまう
空を自由に飛べる飛行装置「ZAPATA EZFLY」のSFっぷりがヤバい
ついに空飛ぶ車の時代に!垂直離着陸できる、電動の個人航空機「BlackFly」が凄い
空飛ぶ車のひとつの形。4輪4ローターのラジコンヘリコプター B

続きを読む

コメント
17
カテゴリー
モーター・乗り物
動画
投稿日
2018/09/16