世界最小のネコ科、野生のサビイロネコを撮影した映像が可愛すぎる
ネコ科の中で最も小さな種、サビイロネコが、スリランカの森の中を散策する様子を撮影した映像。

成獣のオスは体重1.5キロ、メスは1キロほどで、片手で軽々持ててしまうサイズ。

絶滅危惧種だそうで、なんとしても個体数を増やして欲しいところ。

【関連】
【画像】世界で一番大きな家猫の最有力候補、巨大メインクーンのルパートくん
ネコ科ヒョウ亜科で最小のマーブルキャットをセンサー付きカメラでの撮影に成功 インドネシア
大きくてもやっぱり猫。ネコ科の猛獣たちによるサッカーボール遊び
大きくたって猫は猫。ネコ科の猛獣とイエネコの共通点を挙げてみた

続きを読む