不気味の谷を余裕で超えた人間味。映画「ブレードランナー 2049」レプリカントができるまで
2017年の映画「ブレードランナー 2049」に登場する、人間そっくりなレプリカントのレイチェル。

映画本編の映像でも人間としか思えないけれど、このレイチェルはフルCGで制作されたもの。

表情の変化をトレースするモデルの女優さんがいるとしても、この質感、表情の変化は完全に人間。

映画の内容的にも、CGでレプリカントを作り上げるというのは面白い。

【関連】
2017年アカデミー賞、VFX部門にノミネートした映画5作品をざっくりまとめた映像集
未来世界はこうやって作る。映画「トゥモローランド」のVFXメイキングシーン
魔術の神秘を作り上げる。映画「ドクター・ストレンジ」のVFXメイキングシーン
巨大ロボットができるまで。映画「パシフィック・リム」のVFXメイキングシーン

続きを読む