ロシアのアニメーターが勝手に作ったアニメ版「スター・ウォーズ エピソード4」のクオリティが凄い
スターウォーズ旧三部作の映画「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」を、ロシアのアニメーター、ドミトリー・グローゾフ(Dmitry Grozov)が勝手にアニメ化。

セリフは日本語で、日本のアニメを意識した予告編風の映像がなかなかのクオリティ。

もうちょっと画質を荒くすれば、90年代くらいに実際にあったアニメなんだぞって言われても納得できそう。

【関連】
撮影中も楽しそう。映画「スターウォーズ」旧三部作の撮影舞台裏 写真50枚
中の人もしっかり比較!スターウォーズ出演俳優の当時と現在を並べた比較写真12枚
転んだり笑たり。映画「スターウォーズ」新旧三部作のNGシーン集
会った事があるのに名前を思い出せない宿敵と戦うスターウォーズのパロディー・ショートムービー We Meet Again

続きを読む