レゴなのに素晴らしくいい雰囲気の、朽ちたスター・デストロイヤー
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場する、墜落したスター・デストロイヤー内部の様子をレゴで製作。

全てレゴで作られているのに、薄暗い中で外からライトをあてた写真は、レゴとは思えないほどにいい雰囲気。

模型の全長は2メートル強。映像の編集も含めて、制作に3週間弱を費やしたとのこと。

【関連】
外観も内装も素晴らしすぎる!レゴで作った長さ1.4メートルのスター・デストロイヤーがすごい
スター・デストロイヤー型のラジコン飛行機は飛べるのか?実際飛ばして実験してみた
早回しで見た、宇宙空間にデス・スターが建造されるまで
映画「スターウォーズ」に登場する乗り物を小さい順に並べたスケールモデル・アニメーション

続きを読む