ホッキョクグマを軽く追い払う、ロシアの動物写真家が怖いもの知らずすぎる
ロシアのコジェフニコフ岬でホッキョクグマを撮影する、動物写真家のマキシム・デミノフ。

地上最大の肉食獣を前にしても恐れることなく撮影し、ホッキョクグマが近づきすぎたら適当にあしらう度胸が凄い。

「逃げる」よりも「威嚇して近づく」方が正解だってのは理解できても、実際こんなふうに対応できるもんじゃないよね。

【関連】
野生のホッキョクグマが目と鼻の先!ガラス張りの乗り物「アイスキューブ」を隔てた遭遇
ホッキョクグマをこっそり撮影するスパイカメラがバレバレすぎて、ホッキョクグマのいいオモチャになってるらしい
襲われる方も襲う方も大変。巨体で群れるセイウチを狩ろうとするホッキョクグマの奮闘
ガラスの向こうの赤ちゃんを、捕食する気満々なホッキョクグマさん

続きを読む