ベンタブラックよりもさらに黒い!MITのエンジニアが開発した、世界で最も黒い素材
可視光の最大99.965%を吸収するベンタブラックは、世界で最も黒い物質として知られている。

今回マサチューセッツ工科大学のエンジニアが開発したのは、カーボンナノチューブを素材とする、可視光の99.995%を吸収する素材。

ここまでくると誤差の範疇だし、あとはどれだけ低コストで生産できるかが重要になってくるよね。

【関連】
1204℃に熱した直後でも素手で持てる!スペースシャトルに使われたNASAの耐熱タイルが凄すぎる
強い衝撃で瞬時に硬化する知的衝撃吸収素材、D3Oのデモンストレーション映像
電気を流すとグニャリと曲がる素材、Shape Shiftが応用範囲広そう
製法が謎に包まれた幻の超素材“スターライト”の再現に、驚くほど手軽な道具の組み合わせでほぼ成功

続きを読む

コメント
12
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2019/09/16