フクロ満タン状態で発見された深海魚、フクロウナギのインパクトがなかなか凄い
米ハワイ州のパパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント深海にて撮影された、体に対して非常に大きな口を持つ深海魚、フクロウナギ

その大きな口いっぱいに海水を含んだ状態で発見され、口を開いて空っぽにするまでの変化も見ることができて面白い。

フクロウナギは最大100センチほどになるそうで、この個体はまだ若いと思われるそうな。

【関連】
三角形に開いた口の大きさで戦う変わった魚、サーカスティック・フリンジヘッド
最深記録を更新!マリアナ海溝の水深8,178メートル地点で魚類の生息が確認される
深海5千メートルにたゆたう、意思を持った布のような新種の生物が発見される
リュウグウノツカイが泳ぐ貴重な姿の撮影に成功!遠隔操作無人探査機からの映像

続きを読む