バックドラフト現象がどういうものか、コンテナ内を燃やして試す実験映像が凄い
密閉された空間内で火事が起き、一酸化炭素ガスが溜まった状態でドアなどから酸素が入ると、急激な化学反応で爆発するバックドラフト現象。

映画「バックドラフト」で有名になったこの現象を、実際にコンテナ内で再現する、消防士たちの実験映像が凄い。

コンテナを密閉するのが0:56、一部を開放するのが2:38。

窓を開けて酸素が入るようになったらすぐに反応するものかと思っていたけど、実際には状況次第でずいぶん変わるみたいね。

【関連】
壁を貫通して安全圏から消火できる、新世代の高圧放水銃がスゴい
これは大変だわ……。オーストラリアの消防士から見た消火活動
ハイランドパークで消火にあたる消防士視点の映像
【画像】猫を火災現場から救出した消防士たちの写真12枚

続きを読む