バイクレースで並走するバイクのブレーキを握る、最悪の反則行為が行われる
9月9日、イタリアのサンマリノで行われたMoto2のサンマリノGPにて、ステファノ・マンシィに並走したロマーノ・フェナティが、マンシィのバイクのブレーキを握るという暴挙に。

幸い、マンシィは転倒せずに走り続けられたものの、死亡事故につながる悪質な行為に、ロマーノ・フェナティは失格処分。

さらに、彼が所属するマリネッリ・スパイナーズ・チームからも契約を打ち切られるという事態に。

いろいろな方向から望遠レンズで撮影されてて、放送もされてるような状況でこんな事するなんて、あまりにも考えなさすぎに思えるよね。

【関連】
バイクレースで転倒寸前!だけど片膝で持ちこたえたライダー ラファエレ・デ・ロサ
マン島TTレースの予想を超えた迫力に驚いた人々の反応
間近で目にしたバイクレースの迫力に、興奮しきりの小さな男の子
2007年マン島TTレース準優勝のライダー視点レース映像

続きを読む