ハリケーンの威力がよく分かる、スケールごとの家への被害を映像化
熱帯性低気圧の強さを分類するサファ・シンプソン・ハリケーン・ウィンド・スケールに応じて、どのカテゴリーのハリケーンがどれだけの被害を出すのかを想定して映像化したもの。

カテゴリー2で窓や外壁に被害が発生し、カテゴリー3ではドアが吹き飛び、カテゴリー4では屋根の一部が吹き飛んでしまう。

言葉で説明されるより、こうやって視覚化してくれたほうがわかりやすく伝わってくるよね。

【関連】
衝撃映像 最大級、F5スケールのトルネード映像
大西洋史上最強のハリケーン「IRMA」の中に入り、捨て身で計測する米気象学者が凄い
あまりの強風でリフトがブンブン揺れまくる。時速140キロの強風が吹き荒れた、オーストリアのスキー場
【画像】隠れ家すぎて憧れる、終末を見越して作られた地下シェルター 写真26枚

続きを読む