ネオンじゃないのにネオンに見えちゃう、トリックアートなグラフィティ
オーストラリアのストリートアーティスト、ストレイカー(@muralist)が描くのは、ネオンサインのように見えてネオンじゃないグラフィティ。

蛍光色のスプレーを複数用いて、黒いボードに描いたグラフィティは、闇夜に輝くネオンサインそのもの。

トリックアートみたいなもので、立体的に見えるのが面白い。

【関連】
世界最高の落書きのメッカ「ファイブ・ポインツ」解体を1分で見る早回し映像
「僕たちもコーラが飲みたい!」コーラを求めて壁のグラフィティが動き出す、コカ・コーラのCM映像
パトカーから逃げるペインターと、動き出したグラフィティの女性とを描いたCGアニメーション Canned
ネオンのようにきらびやかなクラゲを使ったアート映像

続きを読む