ナイフ、指、綿棒。様々な道具を使って描いた、竹と小鳥のイラストが凄い
インクをそのまま紙の上に出し、ナイフでインクを撫で付けたり、指で擦ったり、綿棒でインクを吸い取ったり。

様々な道具を適切に用いた、竹と小鳥のイラストが凄い。

インクを乗せてナイフを使うだけで、あんなにリアルな竹になるというのがまず驚き。

【関連】
イラスト初心者でもすぐ描ける「立体感のある樹木の描き方」が凄い
みるみるうちに美味しそう!目玉焼きのイラストを描く早回し映像
原案:息子、作画:パパ。子供の描いたイラストを、イラストレーターのパパが昇華させた作品群が素晴らしい
MSペイントで50時間かけて描いた、サンタさんのイラストを2分半で超早回し

続きを読む