タンゴを踊って愛を伝える。絶滅危惧種、パタゴニアカイツブリの求愛行動が面白い
アルゼンチン、サンタ・クルス州内部の湖に生息する絶滅危惧種、パタゴニアカイツブリの求愛行動が面白い。

水の上で向かい合い、首を高く持ち上げて、一緒に左右に振る様子はまるでタンゴを踊っているかのよう。

現在の個体数はわずか800羽ほどで、ホントに絶滅寸前。このダンスが見られることもなくなってしまうかもしれない状況みたい。

【関連】
肉眼では認識できないルリガシラセイキチョウの求愛行動を、ハイスピードカメラで撮影
礼儀正しくお辞儀したあと激しくクチバシを打ち付け合う、ガラパゴスアホウドリの求愛行動が面白い
伝統芸能のような舞いでメスを誘う、オウゴンフウチョウモドキの求愛行動
寄生獣の「ぱふぁ」みたいな顔になる、コスタハチドリの求愛行動

続きを読む