まるでタコマナローズ橋の再来。中国、広東省の橋が強風によって大きく揺れ、異常なほどに波打つ
今年5月5日、中国、広東省にある虎門大橋が、強風の影響で大きく揺れ、路面が以上に波打つという事件が発生。

中国当局は検査のために橋を全面封鎖。橋の構造は安全なものだとしつつ、橋の欄干に置かれたブロックのせいで風の流れが変わったことが原因であると発表し、5月15日にはバスやトラックを除いて通行を再開。

タコマナローズ橋の落橋を思い出させる大きな揺れには、構造にも根本的な問題があるんじゃないかと思ってしまう。

【関連】
タコマナローズ橋の崩落
台湾で全長140メートルのアーチ橋が崩落。何の前触れもなく崩れ落ちる瞬間の映像
1954年、ナイアガラの滝が大きく崩落する瞬間をとらえた映像

続きを読む

コメント
11
カテゴリー
建築物
動画
投稿日
2020/09/15