ついついずっと見てしまう。異なる速度で回転するドットが奏でる、デジタル・オルゴール
いちばん外側のドットは3分間で一周し、ひとつ内側のドットは3分間で二周、さらに内側のドットは3分間で三周する。

それぞれ移動スピードが少しずつ異なり、右側のラインを超えた時だけ音がなるドットが奏でる、デジタルなオルゴール。

2個目以降の動画はドットの個数や音色、移動パターンの違うもの。

他にも色々なパターンが、制作者のジム・バンガードナー(Jim Bumgardner)さんのVimeoアカウント内に。

埋め込んである動画はループ再生。

【関連】
目で見て音を聞いて違いが分かる、13種類のソートアルゴリズム
目で見て音を聞いて違いが分かる、15種類のソートアルゴリズム
南極の氷河に深さ90メートルの穴を開け、氷の欠片を落とした時の音が気持ちいい
かなり長く回り続けるオイラーのディスク

続きを読む

コメント
9
カテゴリー
PV・音楽
動画
投稿日
2019/06/22