こんなに思いつくのが凄い。100通りの歩き方を披露する男
「怒っている時」「チンパンジーのように」「ゾンビだとしたら」「酔っぱらい」など、さまざまなシチュエーション、キャラクターに合わせた100通りの歩き方を披露する男。

ルームランナーの上で次々に紹介する歩き方は、なるほどと思わせる面白いものばかり。

「暗闇の中を歩く時」「熱いお茶を持ちながら」「靴になんか入った」あたりが好き。

【関連】
ベース少年は絶対見ておくべき、100の洋楽ベースライン
100曲のフレーズを連続で演奏するギター名曲メドレー
想像以上に難易度高い。シナモンチャレンジを100人に挑戦させてみた
ホームレスに100ドルを与え、お金の使い道をこっそり追跡調査。結果は企画者が思いもよらなかったものに……

続きを読む