お皿の模様がうごめく不思議。ゾートロープな模様を付けた陶器のお皿
特定の速度で回転させながら撮影することで、お皿に刻まれた模様がなめらかに動き出す、ゾートロープ(回転のぞき絵)の原理を使ったお皿。

コンピューターで設計した模様の配置を正確に刻み込むことで、くるくる回りながら移動するように見える三角形が不思議で面白い。

お皿としての利用方法は限定されるけど、ちょっとお洒落で、話の種にもなるのがいいね。

【関連】
立体的なカエルや魚がなめらかに動く、小さなゾートロープセット
自転車のタイヤに切り絵をくっつけたゾートロープ(回転のぞき絵)アニメーション
フィボナッチ数に基づく構造物が奇妙にうごめきながら回転するゾートロープ
ターンテーブルの回転を利用してアニメーションさせたゾートロープ

続きを読む

コメント
20
カテゴリー
アート・サイエンス・テクノロジー
動画
投稿日
2019/01/29