いつも「憤怒の表情」を浮かべた猫、アルバートくんが格好良すぎる
アルバート・アインシュタインにちなんで名付けられたアルバートくんは、別に怒っちゃいないのに、怒っている表情に見えてしまう猫。

かなりの激怒っぷりで、近づくのも恐ろしいほどの迫力だけど、彼にとってはこれが普通。

勇ましくて格好いいけど、たまに見せる怒ってない顔がすこぶる可愛い。

【関連】
プロ司会者も思わず吹き出す。世界で最も不機嫌な顔をしている事で大人気の猫「グランピー・キャット」へのカール・ステファノヴィックのインタビュー
【つよい】筋肉ムキムキ。カナダで発見されたマッチョな猫「バフ・キャット」がスゴい
ニッコリ顔が可愛すぎる!フェイスマッサージで恍惚状態のベンガル猫の子猫
顔をムニムニされて心地よさそう。猫のゴロゴロ音声を楽しめるフェイスマッサージ映像

続きを読む