「極寒の地でお湯を撒き散らすと一瞬で霧となる!」という実験に失敗してしまったお兄さん
極寒の地で空気中にお湯をふりまくと、お湯の飛沫が瞬時に凍りつき、霧となって飛んでいく。

比較的よく知られたこの効果を試してみようと実験する人は多いけれど、パンツ一丁で挑戦したこのお兄さんは、お湯を扱う危険性への認識が甘かった様子。

2個目以降の動画は、同様の実験で楽しむ人々。水鉄砲を使った実験が楽しそう。

【関連】
極寒の地で凍りゆくシャボン玉が美しいスローモーション映像
強風吹き荒れる極寒のスペリオル湖でサーフィンすると、とんでもない事になってしまう
真っ赤になるまで熱したニッケル球を水の中に入れるとこうなる
沸騰しながら凍りつく、固体と液体と気体が共存するtert-ブチルアルコールの三重点

続きを読む