「打ち上げ花火の中に飛び込むと見られる光景」が美しすぎる
4枚のローターで安定飛行するクアッドコプター「DJI Phantom 2」を使い、打ち上げ花火の爆発の中に突っ込んで撮影した映像が凄い。

至近距離で位置を変え、向きを変えながら眺めることで、花火は球状に広がっていくんだということを立体的に捉えられる。

さらに、花火を上から見下ろした視点や中から見下ろした視点など、普通は絶対見られない視点でも花火を見られる。

撃ち落とされてもおかしくない撮影方法だけど、DJI Phantom 2は無傷で帰還した模様。

【関連】
花火の内側撮影するとこんな風に見える - 動画 - Yahoo!映像トピックス
軍艦島の人が立ち入れぬ場所をも撮影!ソニーのアクションカムを搭載したラジコンヘリからの空撮映像
空から眺めた大瀑布。マルチコプター、DJIファントムで空撮したナイアガラの滝
意外と知られていない“観光名所の周辺”を空撮した驚くべき写真18枚

続きを読む