水力発電ダムも含め、町まるごと廃墟となったカナダのゴーストタウン、アンヨークス
カナダ、ブリティッシュコロンビア州にあるアンヨークスは、銅の採掘事業で栄え、現在はゴーストタウンとなった町。

事業が活発であった1914年には、町の人口はおよそ3,000人。外界と道路や線路がつながっておらず、汽船のみで出入りできる町であったという。

1920年代初頭に水力発電ダムが建設されるも、世界恐慌の影響で銅の需要が減少、1935年に鉱山は閉鎖され、1942年の火災で木造家屋はすべて焼失。

町の中を散策すると、コンクリート製の建物や鉄骨、朽ちた蒸気機関車などを見ることができる。

ダムがまるごと廃墟になって、そのまま残されているって凄い。

【関連】
アブハジア自治共和国のゴーストタウン、Akarmaraの中を散策してみた映像
1962年以来40年以上燃え続けているゴーストタウン、セントラリア
チェルノブイリとプリピャチ、ゴーストタウンの現在の姿
落書きで埋め尽くされたアメリカの廃道。ゴーストタウン、セントラリアへと続く「グラフィティ・ハイウェイ」

Canada's Largest Ghost Town Few Have Ever Seen | Abandoned 1935 | Day 1 | Anyox BC 【4K】








































































タグ
水力発電ダムも含め、町まるごと廃墟となったカナダのゴーストタウン、アンヨークス