水中でも威力が落ちづらい弾薬、CAV-X。先端にタングステン鋼を用い、スーパーキャビテーションという物理現象を利用
ノルウェーのDSGテクノロジー社が開発した、スーパーキャビテーションという物理現象を利用した弾薬のテスト射撃映像。

スーパーキャビテーション現象によってわざと細かい気泡を発生させ、水中での摩擦抵抗を減らし、通常の弾薬に比べて威力を落とすことなく運用できる。

水中での有効射程距離は、弾薬のサイズによって十数メートルから60メートルほど。

長さ1.6メートルのバリスティックジェルを一直線に貫いているのが凄い。

【関連】
針のような銃弾を撃ち出す、ソビエト連邦が開発した水中用ライフル APS水中銃
水中で銃を撃つとどうなるの?3種類の弾丸をプール内で撃ってみた超スローモーション
水中でコンパウンドボウを射るとどうなるの?実際に試してみた超スローモーション映像

DSGtech CavX Multi Environment Ammunition



CAVX 308 X2 SCC 4x ballistic gel blocks

































タグ
水中でも威力が落ちづらい弾薬、CAV-X。先端にタングステン鋼を用い、スーパーキャビテーションという物理現象を利用