落ちそうで落ちない、忍者のように谷を跳び進んでしまった男
切り立った崖に挟まれた谷間で、少ない足場を跳び渡って移動する男。

おそらく、反対側へ跳んだはいいけれど、立っていられるような場所ではなかったための苦し紛れの行動。

危なかったけど、見事に渡りきったのが凄い。

後続は、どうやって進んだんだろう。

























タグ
落ちそうで落ちない、忍者のように谷を跳び進んでしまった男