幻の鳥「クロエリゴクラクバト」を140年ぶりに再発見!研究者らの喜びが伝わる映像
1882年に初めて存在が確認された、パプアニューギニアのファーガソン島にのみ生息するゴクラクバトの一種、クロエリゴクラクバト(エリグロゴクラクバト)。

すでに絶滅したと思われていたこの幻の鳥が、140年ぶりにトレイルカメラによって撮影され、研究者たちを大いに驚かせ、喜ばせることに。

こちらまで嬉しくなってしまうくらい素晴らしい笑顔。

【関連】
ここ30年目撃されていなかった激レアな絶滅危惧種、インドブチジャコウネコが外出禁止令で人のいなくなったインドの街に姿を現す
個体数わずか300頭以下、絶滅寸前のスマトラサイの親子を撮影した貴重な映像
タンゴを踊って愛を伝える。絶滅危惧種、パタゴニアカイツブリの求愛行動が面白い
幻の巨大クラゲ、ダイオウクラゲと深海1,000メートル地点で遭遇。ゆったり漂う姿を鮮明に撮影

Finding Auwo: the moment we found this lost species!



First Video Ever of the Black-naped Pheasant-Pigeon
















































タグ
幻の鳥「クロエリゴクラクバト」を140年ぶりに再発見!研究者らの喜びが伝わる映像