目覚まし時計が発明される以前に存在したお仕事「ノッカー・アップ」。豆を飛ばしたり、長い棒で窓を叩いて、お客さんを起こすのが業務内容
目覚まし時計が発明される以前、工場勤務の労働者たちが朝きちんと起きるために利用したのが、ノッカー・アップ、ノッカー・アッパーと呼ばれる職業の人々。

年配の男性、女性が主に従事し、短い棍棒でドアを叩いたり、ガス灯を消すための「スナッファー・アウター」と呼ばれる道具やその他の長い棒で窓を叩いたり引っ掻いたり、吹き矢のように豆を飛ばして依頼者を起こしていたという。

1970年代まで存在したお仕事だったけど、目覚まし時計の発明後には消滅。

ノッカー・アッパーはやっぱりノッカー・アッパーに起こしてもらっていたのだろうかね。







Before Alarm Clocks, There Were ‘Knocker-Uppers’



タグ
目覚まし時計が発明される以前に存在したお仕事「ノッカー・アップ」。豆を飛ばしたり、長い棒で窓を叩いて、お客さんを起こすのが業務内容