心臓が止まった仮死状態で凍りつき、寒い冬を耐え抜くニシキガメ
ヌマガメ科、ニシキガメ属のカメは、もっとも北部に生息するカメ。

カナダに生息するヌマガメは、秋に卵から孵化した後、心臓が停止して脳だけが微弱に活動する仮死状態となって、6ヶ月続く寒い冬を過ごす。

春が訪れて氷が溶け出すと、心臓はふたたび鼓動をはじめ、動き出したニシキガメは、春の恵みを得るために森の奥へと進んでいく。

集団で凍りついた様子が、シン・ゴジラのラストシーンみたい。

Painted Turtles Defrost Back to Life | Frozen Planet II | BBC Earth



















































タグ
心臓が止まった仮死状態で凍りつき、寒い冬を耐え抜くニシキガメ