年に2回だけ、太陽光が内部を照らすスペインの廃線トンネル
スペイン、アラゴン州テルエル県のバルデアルゴルファにある廃線、ヴァル・デ・ザファン鉄道。

そのルートの一部である全長2,100メートルの洞窟は、1年のうち3月と9月の2回、春分の日と秋分の日に近いある日だけ、トンネル内部すべてを太陽光が照らすのだという。

この現象が明らかになってからは、トンネルの西側から太陽を見ようと、多くの観光客が訪れることに。

トンネルを分析した研究者によると、これは計算して設計されたものではなく、偶然の産物であるとのこと。

動画1個目は2016年、2個目は2019年の映像。

La Comarca.tv - Tunel equinoccio Valdealgorfa



Tunel del Equinoccio Valdealgorfa septiembre 2019















タグ
年に2回だけ、太陽光が内部を照らすスペインの廃線トンネル