車のエンジンがかからないようで、ボンネットを開けて修理する男性。

しかし、車はパーキングブレーキをかけておらず、どういうわけだか発進できる状態になっていたため、エンジンがかかったと同時に前進し、男性は車とシャッターの間に挟まれる形に。

彼の安否については記載がないけれど、背後がシャッターだったから命は助かっていそうに思える。



















タグ
ボンネット
修理
事故
閲覧注意