結婚式の招待状に麻薬を隠す密輸の手口。インドの税関職員が発見
2020年2月、インド、カルナータカ州ベンガルール(旧称バンガロール)の空港で、結婚式の招待状に隠されていた麻薬を税関職員が発見。

立派な装丁の招待状43冊に仕込まれていたのは、覚醒剤の原料となる興奮剤のエフェドリン合わせて5キロ以上。

空港で誰かの荷物を預かるのは絶対にダメだって言われるけど、こういう事件の犯人にされてしまうわけだもの、確かに絶対預かるべきじゃないよね。

【関連】
種の代わりに白い粉を詰め込んだ、アボカドを使った麻薬密輸の手口
密輸業者が乗った離陸寸前の軽飛行機に車で突撃。ブラジル警察の逮捕劇がアクション映画そのもの
麻薬を密輸する潜水艇を追跡。巡視船で並走しながら沿岸警備隊員が飛び乗り、停止させるという逮捕劇
コンクリートの塊の中に密輸タバコ。ベラルーシからリトアニアへ、列車の中で発見

Girl Caught With Drugs Stashed Inside Wedding Cards At Bengaluru Airport















タグ
結婚式の招待状に麻薬を隠す密輸の手口。インドの税関職員が発見