正しいパースで絵を描くため、画鋲と紐を使うというテクニック
ある角度から絵を描く際、現実から乖離しない正しいパースで描くためのテクニックのひとつ。

透視図法(遠近法)で描く際の消失点に画鋲を打ち、画鋲2つを紐で繋いで、紐をガイドラインに線を描く。

途中の、光源の位置を計算に入れた影の描き方も勉強になる。




タグ
正しいパースで絵を描くため、画鋲と紐を使うというテクニック