間一髪。壊れそうな壁を蹴り、危うく押しつぶされそうになった瞬間
左右と最下部を削り、上部のみでぶら下がる壁を蹴って壊そうとする作業員。

壁を蹴って揺らしては、急いで退避を繰り返していた所、瓦礫だらけの場所で滑って転ぶ痛恨のミス。

本人も周りも笑ってるけど、これは結構危なかった。




タグ
間一髪。壊れそうな壁を蹴り、危うく押しつぶされそうになった瞬間