手裏剣のようなものが鉛筆を削る、1920年製のヴィンテージ鉛筆削り器
鉛筆を固定してハンドルを回すと鉛筆が削られる、1920年製のヴィンテージ鉛筆削り器。

カバーの一部が外されている状態のようで、内部の機構が丸見え、鉛筆が削られる様子を確認できる。

回転する刃物はまさしく手裏剣。

1920s Avanti pencil sharpener in action



タグ
手裏剣のようなものが鉛筆を削る、1920年製のヴィンテージ鉛筆削り器