何も考えずにただ一生懸命に働くよりも、賢く工夫をこらして楽に働く方がいい。

コンクリート製の重い蓋を持ち上げ、移動する際も、鉄パイプひとつ利用するだけでこんなにも楽ができる。

楽に作業ができるということは、数がこなせるということでもあるし、この方法なら怪我も少なそう。

タグ
鉄パイプひとつ
作業