ジャンプできるけど着地はできない、ナスがママに落ちるだけというコガネガエル属のカエルたち
コガネガエル科コガネガエル属のカエルたちはブラジルに生息する、体長1センチにも満たない世界で最も小さいカエルの一種。

彼らの内耳機構は非常に小さいため、ジャンプした時の勢いに耐えられず、空中でバランスをとることも着地することも出来ない。

幸い、彼らの主な生存戦略はその場に留まり目立たないようにする事なので、ジャンプ性能に関してはあまり重要視されていない模様。

跳んだ直後に気絶しているみたいな体勢がオモチャみたい。

Why can't these frogs jump?




































タグ
ジャンプできるけど着地はできない、ナスがママに落ちるだけというコガネガエル属のカエルたち