白杖を片手にスケートボードを乗りこなす盲目のスケーター、ニック・マリンズ
10代の頃にスケートボードに夢中になり、かなりの腕前を身に着けたニック・マリンズさん。

しかしある日、擦り傷からMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に感染して昏睡状態に。

かろうじて命は取り留めたものの、視力を失ってしまった彼は、それでもスケートボードをやめることはなく、白杖を片手に滑り続けている。

失明する前に培った技術や経験はあるにしても、何も見えない状態でここまでのトリックができるのは凄すぎる。

Skater Nick Mullins



タグ
白杖を片手にスケートボードを乗りこなす盲目のスケーター、ニック・マリンズ