極限まで歯茎をむき出しにする、ゲラダヒヒの威嚇行動
エチオピアの高地のみに生息するオナガザル科のサル、ゲラダヒヒ

1頭のオスと多数のメスや子供たちで構成されたハーレムを形成し、若いオスたちはハーレムを奪おうと戦いを挑む。

上唇を裏返して、極限まで歯茎と牙を見せつける威嚇行動が特徴的。

戦いは疲れるまで追いかけっこするという、見た目に反して平和的なもの。

ハーレムのボスが老いて体力がなくなったら、ボス交代の時期という感じ。

Why These Vegetarian Monkeys Have Sharp Predator Teeth










































タグ
極限まで歯茎をむき出しにする、ゲラダヒヒの威嚇行動