ノルウェー南部で発掘されたヴァイキングの剣、400時間以上かけた修復作業
ノルウェー、アグデル県にある村、ランゲイドで発見されたバイキングの武器「ランゲイドの剣」の修復作業。

2011年に発掘されたもので、柄に貴金属の装飾が施され、碑文が刻まれているという点で非常にユニークな出土品。

刀身を除く部分の修復作業だけで、400時間以上を費やしている。

X線検査では刀身に記号が並んでいるのを確認できたものの、完全に腐食していて判別は困難。

記号を確認するためにはさらなる洗浄と調査が必要なのだとか。

Процесс очистки меча из Langeid


































































タグ
ノルウェー南部で発掘されたヴァイキングの剣、400時間以上かけた修復作業