まさかの本人登場!ザ・ルミニアーズのヒットソングを街角で弾いていたら、本人が通りかかって一緒に演奏
ボストンの街中に置かれたピアノで、ザ・ルミニアーズの「オフィーリア」を演奏していた男性。

そこへたまたま通りかかったのは、ザ・ルミニアーズでドラム、パーカッション、ピアノを担当するジェレマイアその人。

最初は見知らぬピアニストが参加してくれた、くらいに思っていたみたいで、「これは彼の曲だよ」と教えられて驚きながらも大喜び。

さらに、次のライブにも誘われたみたいで、ファンとしては最高に嬉しいハプニングになったみたい。

【関連】
まさかの本人登場!ブロンスキ・ビートの名曲を街角で弾き語っていたら、犬の散歩中だった本人と遭遇してデュエットに
カラオケで気持ちよく歌っていたら、その歌のヴォーカル本人が聞いていたという米オハイオ州での出来事
ジョニー・デップ本人登場!カリブの海賊にジャック・スパロウ船長の本物が現れ、ディズニー来場客が大フィーバー

A man was playing “Ophelia” by The Lumineers on a public piano



タグ
まさかの本人登場!ザ・ルミニアーズのヒットソングを街角で弾いていたら、本人が通りかかって一緒に演奏