ハンガリー・フォークダンスで踊りながらバブルソートするという奇妙な舞台
ハンガリーの民族舞踊、フォークダンスで踊りながら、バブルソートを表現するという奇妙で不思議な舞台。

バブルソートは隣り合う要素同士が端から順に大小を比較し、並べ替えていく整列手法。

バブルソートもちょっと時間かかるけど、このデータ量ならすぐ終わるし、いつ終わるとも限らないボゴソートじゃなくてよかった。

【関連】
目で見て音を聞いて違いが分かる、20種類のソートアルゴリズム
目で見て音を聞いて違いが分かる、15種類のソートアルゴリズム(色の並べ替え)
目で見て音を聞いて違いが分かる、15種類のソートアルゴリズム
目で見て音を聞いて違いが分かる、13種類のソートアルゴリズム

Bubble-sort with Hungarian ("Csango") folk dance



タグ
ハンガリー・フォークダンスで踊りながらバブルソートするという奇妙な舞台