30年間の調査でわずか4回の目撃。非常にレアな深海魚、ハイフィン・ドラゴンフィッシュ
アメリカ、カリフォルニア州にあるモントレーベイ水族館研究所の所有する海洋調査船、ウェスタン・フライヤーがモントレー湾の水深300メートル地点で発見した、魚雷のようなフォルムの魚、ハイフィン・ドラゴンフィッシュ(学名:Bathophilus flemingi)。

30年以上、27,600時間を超える海洋調査の中で、この種を確認したのはたった4回だけとのこと。

体長は16.5センチ、ヒレからは細長い線が伸びていて、この器官で振動を感知して獲物や捕食者の接近を感じ取っているのではないかと考えられている。

硬そうな魚だなと思っていたら、最後に体をくねらせて泳ぎ去っていって驚いた。

A remarkable new sighting: Dragonfish lurk in the dark depths


















タグ
30年間の調査でわずか4回の目撃。非常にレアな深海魚、ハイフィン・ドラゴンフィッシュ