カモノハシはクチバシで電気信号を感じ取り、獲物の位置を探り当てる
ゴムのように柔らかいカモノハシのクチバシは、電気信号を感じ取るセンサーの役割を持っている。

水中で獲物の電気信号を感じ取り、獲物の位置を探り当てるため、水中では目を閉じた状態で行動できるのだという。

陸上ではクチバシのセンサーを活用することは無いと思われるし、この説明もタイトルも動画の内容とは特に関係のないものとなっている。

【関連】
カバの尻に似た顔を持つ野生動物の紹介ドキュメンタリー映像風コメディ映像

The Platypus Conspiracy









タグ
カモノハシはクチバシで電気信号を感じ取り、獲物の位置を探り当てる