MITのエンジニアが開発した、紙のように薄いラウドスピーカー
MITのエンジニアが開発した、どんな表面でもオーディオソースに変えてしまう極薄のラウドスピーカー。

エネルギー消費は従来のスピーカーの数分の一で、この手のひらサイズのスピーカーは重さ2グラムちょっと。

軽くて省エネなので、携帯電話のスピーカーとして利用するほか、飛行機のコックピットなどで逆位相の音を発生させてノイズ軽減もできるとのこと。

音質も音量も、生で聴いて実際どんなものなのか確認してみたい。

【関連】
貼ったモノがなんでも楽器になっちゃうひみつ道具 Mogees
iPhoneを挿し込むと音がデカくなる角笛タイプのアナログスピーカー Megaphone amplifier

A paper-thin loudspeaker plays "We Are the Champions" by Queen



タグ
MITのエンジニアが開発した、紙のように薄いラウドスピーカー