パイプの中を自由に進み、監視や検査、修理を行うワーム型ロボット
米国防総省高等研究計画局によるアンダーマイナー計画(戦術的トンネルネットワークを構築する計画)の一環として、GEリサーチが研究開発した、パイプの中を自由に進むロボット、パイプワーム。

ゴキブリのヒゲのようなセンサーによってパイプの大きさ、方向、分岐を識別し、流体で動く筋肉を使って柔軟に動き、作業することができる。

たとえば石油・ガスのパイプライン、上下水道などのパイプを自律的に監視、検査、修理、地図作成に活用でき、下水道を詰まらせるファットバーグ(油の塊)を除去することもできるとのこと。

ワーム型ロボットを活用することで、インフラ維持のコストが下がればいいと思うし、何よりSFっぽくてとても良い。

Meet GE's Pipe-worm Robot
























タグ
パイプの中を自由に進み、監視や検査、修理を行うワーム型ロボット