【閲覧注意】補助者なしで行うベンチプレスは危険。死ぬこともあり得るという事故事例
ベンチプレスを行う際は、補助者(スポッター)を付けることが望ましい。

補助者がいない場合はバーベルが下がりすぎないようにセーフティーバーを設置するべきで、どちらも用意していない場合は、こんな事故も起こり得る。

この事故ではギリギリなんとか抜け出せたけれど、このまま首を圧迫されて死んでいたかもしれないわけで、安全対策の重要性がとてもよくわかる事故事例。

【関連】
怪力無双。4人の女性をまとめてベンチプレスで持ち上げる、2017年世界最強の男、エディ・ホール

To lift 8 plates safely by himself


















タグ
【閲覧注意】補助者なしで行うベンチプレスは危険。死ぬこともあり得るという事故事例