100年以上前に沈没した南極探検隊の船、エンデュアランス号。南極の深海3,000メートルで発見
1914年に南極大陸の初横断を目指した、アーネスト・シャクルトン隊長率いるイギリスの南極探検隊、帝国南極横断探検隊

彼らの乗った船、エンデュアランス号は1915年に氷に閉ざされ、ぶつかりあう流氷によって押しつぶされて沈没。

100年以上の時を経て、南極の深海3,008メートル地点で発見され、撮影されたのがこの映像。

船の位置はエンデュアランス号の船長、フランク・ワースリーが記録した位置から、わずか6.4キロ南で発見されたとのこと。

【関連】
ゾクゾクするほど恐ろしい、沈没した客船コスタ・コンコルディア号での沈没船ダイビング
海底で人工魚礁となった米軍の航空母艦、オリスカニー内部を探索する沈没船ダイビング
寒々しいけど美しい。凍りついた湖で素潜りする沈没船ダイビング
凍りついた湖の下に眠る沈没飛行機。幻想的なスキンダイビング

Endurance wreck: Ernest Shackleton's lost ship found off Antarctica





















タグ
100年以上前に沈没した南極探検隊の船、エンデュアランス号。南極の深海3,000メートルで発見