リカオンに追い詰められて絶体絶命のクリップスプリンガー、極小の安全地帯で耐える
2月23日、南アフリカ、クルーガー国立公園で撮影された、リカオンの群れに追い詰められたクリップスプリンガー

クリップスプリンガーはイワトビカモシカとも呼ばれるウシ科の動物で、大きな岩の斜面にかろうじて立ち、リカオンの牙がギリギリ届かない安全地帯で耐えている様子。

あとはリカオンが諦めるまで耐えるか、クリップスプリンガーが耐えきれなくなるまで待つかという根気勝負になりそう。

Kruger on 23 February 2022 (Antelope with nerves of steel against African wild dogs)



タグ
リカオンに追い詰められて絶体絶命のクリップスプリンガー、極小の安全地帯で耐える