凍りついた湖から氷を切り出し貯蔵する、アメリカの伝統的な氷の収穫作業
今年1月、アメリカ、ニューハンプシャー州にあるスコーム湖で行われた氷の収穫作業。

こうした氷の収穫は100年以上前から行われており、収穫した氷はアイスハウスに貯蔵されて、サマーリゾートに訪れるコテージのお客さんに提供される。

お客さんは飲み物や食べ物を冷やすために、この氷を利用する。

氷のブロックは1つあたりおよそ約125ポンド(56キロ)で、毎年200トン収穫するとのこと。

RDC Ice Harvest 2022

























































タグ
凍りついた湖から氷を切り出し貯蔵する、アメリカの伝統的な氷の収穫作業