黒い体に白いリボン。とても特徴的な模様をしたクラカケアザラシ
オホーツク海で撮影された、流氷の上でくつろぐ1頭のクラカケアザラシ

黒い体に白いリボンを巻いているように見えるため、英名はリボンシール。

和名のクラカケ(鞍掛)は、馬具の鞍をかけているように見えるため。

この模様も周囲の景色に溶け込む効果があるんだろうか。

【関連】
プール目指してポヨポヨ跳ね進む、アザラシたちがかわいすぎる
よく喋るウェッデルアザラシの子供が乳離れし、独り立ちする様子を撮影
波乗りアザラシがサーフィンに乱入!困惑しつつサーファーも笑顔に
赤ちゃんアザラシが突然ボートに乗り込んできた!しかものしかかってきた!

Ribbon Seal on Ice - Exploring the Sea of Okhotsk with Heritage Expeditions





















タグ
黒い体に白いリボン。とても特徴的な模様をしたクラカケアザラシ